BIM/CIM LIVE 第10回

【2022/10/13開催】









 





 建設産業界にとって、3次元情報の活用は生産性向上の手段とともに、働き方を変革するきっかけにもなろうとしています。国土交通省が先導するBIM/CIMの取り組みは将来の建設産業が向かうべき方向性を指し示しています。
 WEB講演会「
BIM/CIM LIVE」では発注者(国土交通省)、設計者(建設コンサルタント)、施工者(建設会社)、さらにはシステムベンダーなどにも登壇いただき、3次元情報の利活用によって設計や施工のあり方がどう変わり、それによって建設生産のあり方がどう深化していくかを、浮き彫りにしたいと考えています。

 現在のコロナ禍の状況を踏まえ、WEB講演の形式を採用し、YouTubeを活用して広く建設産業界に発信していきます。BIM/CIMを積極的に社内展開している企業の方々だけでなく、これからBIM/CIMに取り組もうと考えている企業の方々、さらには都道府県など発注者の方々にもぜひご覧頂ければ幸いです。


主催: 株式会社日刊建設通信新聞社
共催: 公益社団法人 土木学会土木情報学委員会施工情報自動処理研究小委員会、NPO法人 グリーンアース、一般社団法人 北海道産学官研究フォーラム

後援: 国土交通省、一般社団法人日本建設業連合会、一般財団法人日本建設情報総合センター、一般社団法人建設コンサルタンツ協会

協賛: 応用技術株式会社、オートデスク株式会社、ダッソー・システムズ株式会社、日本オラクル株式会社、株式会社フォーラムエイト、福井コンピュータ株式会社、株式会社大塚商会

※ お申込みにあたっては、お手数ですが次のアドレスからのメールを受信できるよう設定をお願いします。
  info@bimcim.org, send@event-form.jp, admin@form-mailer.jp
※ 毎回、お申込みの時点で、メールの不達のエラーが出ております。申し込み後メールを受信できない方は、メールの登録間違いか、会社のセキュリティ設定等でメールを受信できていない可能性がございます。他のメールアドレスで再登録されることをお勧めします。


【重要なお知らせ
1) 受付完了メールはお申し込み後すぐに送信されます。10分程度で届いていない場合は、まず迷惑メールフォルダをご確認下さい。他、会社のセキュリティ設定でブロックされているケースや、登録されたメールアドレスが誤っているケースもございます。通例、数10件発生しています。このようなことが疑われる場合は、お申込者様において至急、別のメールアドレスでの登録をお願いします。個別対応・緊急の対応は致しかねますので、ご了承ください。

2) アンケート(お申し込み時/セミナー受講後)は、今後の講演内容の検討や、BIM/CIMの取り組み状況を把握するために活用させて頂きます。ご協力、宜しくお願い致します。


2022年10月13日(木) (仮)13:00~18:30(うち休憩10分×2回を想定)・・・時間は目安です

【案内・プログラム】

国土交通省
 北陸地方整備局 信濃川河川事務所 
 近畿地方整備局 豊岡河川国道事務所

「地方整備局におけるBIM/CIMの取組み
・今回はi-Construction & BIM/CIM に積極的に取り組むふたつの事務所に注目!!
・関係者それぞれの立場から見たBIM/CIM活用実態を紹介

日本工営株式会社
自動運転の取組み紹介
・一般道を対象とした自動運転の今を紹介。
・本格運行に向け、バスの自動運転はこう実現する!!
・栃木県ABCプロジェクトって何? - http://abc-project.tochigi.jp/-
・建設業は自動施工実現に向け、何を学ぶべきか。

小柳建設株式会社 - Holostruction -
 国土交通省「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」への取組み紹介
・DX実証プロジェクトのシリーズ企画
・2018年度からスタートしたPRISM事例の最新版
・仕事のかたちを根本から変えるICT活用!!

 

 現場で即実践可能なBIM/CIMベンダーの多様な取り組み(毎回更新)

 

※ 当日の出演者、講演テーマが変更になる場合もございます。
2020年度よりスタートしたシリーズWEB講演会になります。参加は無料ですが、各回ごとに事前登録が必要です。気軽にご登録ください。

 
※ 受講証明書は発行できません。(2021年度まで対応しておりましたCPD・CPDS用の証明書の発行を行わないこととなりました。ご容赦下さい。)
※ 事後のアンケートへのご協力をお願い致します。皆様の声を今後の講演内容に反映していきます。また、学会での状況分析・国土交通省への提言などに役立てていきます。

※ 大変恐縮ですが、個別対応は行っておりません。どうか、ご了承下さい。
 申し込み完了画面が出ない、メールが届かない、などトラブルもあるかと存じますが、ネットワーク遅延やメールアドレスの入力間違い、お申込み者様のセキュリティの問題のケースが多々ございますので、ご確認、また別のネットワークやメールアドレスのご使用をお願い致します。


動画> BIM/CIM LIVE 参加者様へのお願い
 

 















申込数 1155人
申込期間 2022/10/13(木) 12:00 まで あと 17日
料金 無料

主催情報

主催者 株式会社日刊建設通信新聞社

申し込みフォーム

名前必須

ふりがな必須

メールアドレス必須

携帯アドレスでお申込みの方は send@event-form.jp からのメールを受信許可設定してください。

メールアドレス(確認用)必須

所属会社名・組織名必須

郵便番号必須

都道府県必須

住所(市区町村以下) → 例)千代田区神田錦町〇-〇-〇必須

電話番号必須

半角数字で入力して下さい

FAX番号

半角数字で入力して下さい

所属区分必須

-

その他を選んだ場合,具体的な内容をご記入ください.

年齢区分必須

組織における立場・役割必須

BIM/CIMの知識必須

BIM/CIMの取組み状況必須

得たい情報は?必須

-

その他を選んだ場合,具体的な内容をご記入ください.

上記の内容をスポンサーに提供することに同意して頂けますか?必須

継続的な運営のため,できる限り許可をお願いします.

スポンサーが本情報を利用して商談や技術紹介を行うことに同意して頂けますか?必須

継続的な運営のため,できる限り許可をお願いします.

スポンサーが本情報を利用してDM等の情報発信を行うことに同意して頂けますか?必須

継続的な運営のため,できる限り許可をお願いします.

個人情報の取扱いに関する許諾必須

開催者は,本セミナー開催のエビデンスとして参加者名簿(所属・氏名・連絡先等)を関連組織に提出します.
また,本申込みによって得られた情報をもとに,アンケート結果等のスポンサーへの提供,状況分析,研究等を行います.

申し込みフォーム

ただいま、申し込み受付中です。

申し込む
申込数
1155人
申込期間
2022/10/13(木) 12:00 まで
あと 17日
料金
無料
主催者
株式会社日刊建設通信新聞社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用ください

このページのタイトルとURLをコピー