理論講座『交流分析とゲシュタルト療法』会場お申込みフォーム

~交流分析の過去から現在の発展と未来への展望~

交流分析、ゲシュタルト療法など多様な分野にて日本を代表するセラピストである室城先生が、日本での交流分析の普及のために交流分析の発展の歴史と未来への展望を熱く語ってくださいます。
初 日 : 交流分析の過去から現在の発展と未来への展望~バーンからアースキンの統合的心理療法まで
2日目: 交流分析とゲシュタルト療法~理論と実践  ※室城先生によるデモンストレーションワーク
室城先生は、国際交流分析協会TSTA(教授)資格を有するセラピストとして最前線でご活躍中であり、日本TA協会(前会長)、日本ゲシュタルト療法学会(前理事長)など各団体の代表として、日本での交流分析およびゲシュタルト療法の普及、発展に日々ご尽力なさっておられます。実践ですでに活用なさっているベテランの方から、これから交流分析について理解を深めたいと思っている初心者の方まで幅広い方々に喜んでいただける豪華で贅沢な内容となっております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 

【室城先生からのメッセージ】

エリック・バーンが考案した交流分析は、精神分析、人間性心理学、認知行動療法等を独自のアイデアで統合した心理療法として生まれ、その後も様々な理論を統合しながら、関係性交流分析、コ・クリエイティブ交流分析、そしてアースキンの統合的心理療法へと発展してきました。この講座では、そのような交流分析の発展の軌跡について振り返ってみたいと思います。また、2日目は、交流分析と車輪の両軸のように深い関係にあるゲシュタルト療法について、その理論から実践まで解説し、ワークも行ないます。皆さんとご一緒に学べることを楽しみにしています。


日 時:2024年7月20日(土)・ 21日(日) 各10:30~16:30

会 場:ちよだプラットフォームスクウェア504号室(5F)

受講料(税込み):会員:15,000円 一般:19,000円   / 2日間

                                会員  :  8,000円    一般:10,000円   / 単日
           (資料代・消費税込み)

定 員:20名

講 師:室城 隆之 先生(江戸川大学社会学部人間心理学科教授)

締 切:7月10日(水)10:00AM
 

◆チケットの選択方法 : イベントチケットの選択は下記のように✓を入れてください。

 
領収書の必要な方は日本交流分析協会関東支部まで連絡をお願いします。

※個人情報の取り扱いについては下記URLからご確認ください。 http://www.j-taa.org/pdf/policy.pdf

申込数 2人
申込期間 2024/7/10(水) 10:00 まで あと 41日
開催日時
開催地

ちよだプラットフォームスクウェア

東京都千代田区神田錦町3-21 GoogleMapで見る

主催情報

主催者 特定非営利活動法人 日本交流分析協会  関東支部
問合せ先 日本交流分析協会 関東支部へ問い合わせする

申し込みフォーム

名前必須

ふりがな必須

会員番号必須

※会員の場合は必ず入力ください。
会員でない方は「0000」と入力してください

メールアドレス必須

メールアドレス(確認用)必須

電話番号必須

※当日連絡のつく電話番号を入力ください

講座参加日必須

お選びください

振り込み予定日

銀行振込、ゆうちょ振込みのかたは、お申込み日から5日以内かつ締切日前の振込み予定日を記入してください

メッセージ

※100文字までのメッセージが入力できます

チケット選択

必須

チケットは上記の”チケット選択方法”を参照の上✓を入力お願いします。
会員の方で両日ご参加の場合は全てにレを入力していただくと15000円になります。

10,000
10,000

両日受講割引や会員割引

チケットは上記の”チケット選択方法”を参照の上✓を入力お願いします。
会員の方で両日ご参加の場合は全てにレを入力していただくと15000円になります。

-2,000
-2,000
-1,000

合計金額

申し込みフォーム

ただいま、申し込み受付中です。

申し込む
申込数
2人
申込期間
2024/7/10(水) 10:00 まで
あと 41日
開催日時
開催地名
ちよだプラットフォームスクウェア
開催地住所
東京都千代田区神田錦町3-21
主催者
特定非営利活動法人 日本交流分析協会  関東支部
問合せ先
日本交流分析協会 関東支部へ問い合わせする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用ください

このページのタイトルとURLをコピー